おしゃべりな。。。ねこ☆韓国ドラマラベル新館

Fc2ブログ「おしゃべりな。。。ねこ☆韓流レーベル」の新館です。 パスワードの変更はありません。

カテゴリ: た行

 大君ー愛を描く (대군 - 사랑을 그리다)

 全20話

 2018年 TV朝鮮

【サンプル】


大君s


ウンソン大君イ・フィ(ユン・シユン)は、宮殿の中で育った王の2番目の弟で、競争心が無く自由で優しい性格。王家の人間でありながら、山で護衛の3人と厳しい生活をしていた。宮殿に戻ろうとしたところ身分証明が出来ず、追われる身になってしまう。
一方、フィの恋人で朝鮮一の美女と噂されるソン・ジャヒョン(チン・セヨン)は、王の弟でフィの兄であるチニャン大君イ・ガン(チュ・サンウク)に婚約者との結婚を無しにしてほしいと頼みに行く。しかし、ガンは嫁ぎ先が嫌なら自分のところに嫁ぐことを提案する。

フィは護衛を使いに出し、宮殿の中にいる自分の母である大妃に伝言を伝え、無事宮殿の中に戻ることに。死んだと思っていたフィが帰ってきたことに大妃は喜ぶが、同じ時に昔から病弱だった王の病状が悪化。
国の今後を決める王の遺言を聞くため、ガンも宮殿に向かうが、到着したときには既に王は亡くなっていた。フィが遺言を聞き、跡継ぎは幼い王の息子に、そして大妃が摂政を任されることになるが…。

皆から愛されながら育った弟フィと、賢く健康というだけで兄や家族と遠ざけられ、疎外感を感じながら育った兄ガン。王が亡くなった今、兄弟2人の関係とジャヒョンとの恋の行方はどうなるのか?




続きを読む

 手をつないで、沈む夕日を眺めよう (손 꼭 잡고, 지는 석양을 바라보자)

 全32話

 2018年 MBC

【サンプル】

手をつないで、沈む夕日をながめようs

建築士の夫ドヨン(ユン・サンヒョン)を献身的に支えてきた主婦ヒョンジュ(ハン・ ヘジン)。ある日、ドヨンのもとに大きな仕事が舞い込み、ふたりは幸せをかみし めていた。ところが、その矢先、ヒョンジュは自身がもっとも恐れていた脳腫瘍を 宣告される。かつて母も同じ病と闘い、苦しみながらこの世を去ったのだ。そして、 新たな事実が夫婦の心をかき乱す。ドヨンにビルの設計をオファーしてきたクライ アントの正体が、ドヨンの元恋人であるダヘ(ユ・イニョン)だったのだ。ダヘは意 図的に接近し、ドヨンを跪かせようと画策していた。一方のヒョンジュは、病を隠し 通すことを決意。夫を悲しませまいと彼から離れていくように仕向けることに。


続きを読む

 ただ愛する仲 (그냥 사랑하는 사이)

 全16話

 2017~2018年 JTBC

【サンプル】

ただ愛する仲s

サッカー選手を夢見てきたガンドゥは、突然の事故で父を失い、怪我した足によって夢も消えてしまった。頼りになるコネも、学力も、特別な技能もないガンドゥは自然に路地裏で生活することになり、ただ耐える人生を生きて行く。しかし自分とは違い、痛みを隠したまま日常を懸命に生きるムンスに出会い、ガンドゥは少しずつ変わっていく。


続きを読む

 小さな神の子供たち (작은 신의 아이들)

 全16話

 2018年 OCN

【サンプル】

小さな神の子供たちs

自殺に見せかけた連続殺人事件が多発する中、捜査を担当することとなったIQ167のエリート刑事チョン・ジェイン(カン・ジファン)。

同じ頃、被害者の死を予測する刑事キム・ダン(キム・オクビン)は自身が見た失踪女性の手がかりをもとに容疑者を追跡していた。ほぼ同じタイミングで犯人を割り当てた二人であったが、あと一歩のところで証拠不十分となり犯人を釈放することとなった…。
数年後、とある財閥グループの娘が巻き込まれる火災事故が起き、ジェインは別の事件との関わりを疑い始める。

一方、財閥グループ会長は過去に集団変死事件が起きた怪しげな宗教団体「福祉園」の牧師と密かに会っていた。
次々と起こる謎の事件が明らかにする真実とは!?




続きを読む

 ディア・マイ・フレンズ (디어 마이 프렌즈)

 全16話

 2016年 tvN

【サンプル】

ディア・マイ・フレンズs

ナンヒ(コ・ドゥシム)、ヒジャ(キム・ヘジャ)、ジョンア(ナ・ムニ)は幼い頃からの親友同士。ある日、チュンナム(ユン・ヨジョン)の店で小学校の同窓会が開かれる。運転手として駆り出されたナニの娘ワン(コ・ヒョンジョン)は老人たちにこき使われ、うんざりしている。そんななか、ヨンウォン(パク・ウォンスク)も現れる。彼女はナンヒと大親友だったが、ある日を境に犬猿の仲となってしまった。ナンヒとヨンウォンはまたしても言い争い、取っ組み合いの喧嘩に発展する。
 一方、ワンはヨーロッパに暮らすヨンハ(チョ・インソン)と毎晩のようにビデオチャットで語りあっている。彼とは結婚間近だったが、ある理由から別れを選んだのだった。しかし、おたがいに相手への想いは残っていて……。


続きを読む

このページのトップヘ