おしゃべりな。。。ねこ☆韓国ドラマラベル新館

Fc2ブログ「おしゃべりな。。。ねこ☆韓流レーベル」の新館です。 パスワード・パスワード取得方法に変更はありません。

カテゴリ: か行

 カノジョは嘘を愛しすぎてる (그녀는 거짓말을 너무 사랑해)

 全16話

 2017年 tvN

 サンプル

カノジョはサンプル


日本の人気マンガをリメイクした作品。天才作曲家と彼に一目惚れした女子高生の純情ロマンスを描いている。
主演は数多くのドラマに出演しているイ・ヒョヌと韓国の5人組アイドルグループ「Red Velvet」のジョイ。
他にもイ・ジョンジン、イ・ソウォン、ホン・ソヨン等、新人イケメン俳優が多数出演している。

超人気バンドCRUDE PLAY元メンバーのカン・ハンギョル(イ・ヒョヌ)は、正体を隠しながらCRUDE PLAYのプロデューサーをしている天才作曲家。音楽に夢中になるあまり恋人のチェ・ユナ(ホン・ソヨン)との距離が離れ、自身が所属している事務所の代表チェ・ジンヒョク(イ・ジョンジン)とユナの浮気現場を目撃してしまう。
また、同時期にCRUDE PLAYの新曲を巡りバンドメンバーとも対立してしまい自暴自棄になっていたある日、ひょんな事から“ビタミンボイス”の持ち主ユン・ソリム(ジョイ(Red Velvet))と出会う。
ハンギョルに一目惚れをしたという純粋少女ソリムと、「嘘」だらけの作曲家ハンギョルの関係、そして2人を取り巻く人々の思いは複雑に絡み合っていく...。


続きを読む

 完璧な妻 (완벽한 아내)

 全20話  

 2017年 KBS

サンプル

サンプル


弁護士事務所で補助事務をしているジェボク(コ・ソヨン)は、夫ジョンヒ(ユン・サンヒョン)とふたりの子どもをもつ平凡な主婦。生意気な弁護士のボング(ソンジュン)からこき使われているが、生活のためにと歯を食いしばっている。その頃、引っ越し先を探していたジェボクは、大豪邸に独りで暮す主婦ウンヒ(チョ・ヨジョン)と出会う。二階を安く貸すというウンヒの提案を負担に感じるジェボクだったが、ジョンヒの不倫が発覚した挙句、夫婦そろって仕事をクビになるという絶体絶命のピンチに。
ウンヒの夫がジェボクの元カレ、ギョンウ(シン・ヒョンジュン)であることを知り、ますます気乗りしないジェボクだったが、ほかに行く当てもなく、ウンヒの家に引っ越すことを決意する。一方、ジョンヒの不倫相手ナミ(イム・セミ)に会いに行ったジェボクは、ナミが倒れているのを発見。ナミは何かを言い残したまま、息を引き取る。

*VIP ROOMより移動*
続きを読む

 キム課長 (김과장)

 全20話

 2017年 KBS

サンプル

サンプル


ナイトクラブを経営するドクポ興業の経理を担当しているソンニョン(ナムグン・ミン)。お金に対しては超人的な嗅覚を持つソンニョンは、デンマークへ移住するため、会社の金をピンハネしながら10億ウォンを貯めようとしていた。一方、流通業界の大手企業、TQグループでは、自殺未遂で意識不明になった経理部の課長が、会社の金を横領していたという事件で大騒ぎに。

しかし、同僚のハギョン(ナム・サンミ)は、普段の彼からは想像できないといぶかしむ。そんな中、TQグループの会長は、検事のユル(ジュノ)に、経理課長の後釜をどうするべきか相談する。すると、正義よりも勝ちにこだわるユルは、とにかく使い捨てできる人物を探すべきだと進言する。

ある日、ピンハネのことを社長に気づかれクビ寸前に陥ったソンニョンは、TQグループが経理の中途社員を募集しているのを見つける。大手企業ならもっと大きな金をかすめとれるとふんだソンニョンは、見事合格を勝ち取る。ソンニョンが意気揚々と出社すると、会長にヘッドハンティングされTQグループの理事となったユルが、極秘の業務を任せようと、ソンニョンを呼び出す。

*VIP ROOMより*


続きを読む

 記憶~愛する人へ~ (기억)

 全16話 

 2016年 tvN

サンプル

記憶s

パク・テソクは政財界の大物たちに関わる数々の訴訟を勝利に導いてきた凄腕弁護士。
華々しく活躍するテソクだったが、妻ミンジュは家庭を顧みない夫の態度に寂しさを感じており、テソクと共に働くこととなった若手弁護士チョン・ジンは、勝訴のためには脅迫まがいの手段も厭わないテソクのやり口に幻滅していた。
しかし、そんなテソクにも辛い過去があった。15年前、元妻ナ・ウンソンとの間に生まれた息子ドンウをひき逃げ事件で亡くしていたのだ。
犯人は見つからず、二人は離婚、事件はもうすぐ時効を迎えようとしていた。
そんなある日、テソクのもとに友人である医師から電話がかかってくる。
それは、テソクがアルツハイマー病であるという衝撃的な診断結果だった…。


続きを読む

このページのトップヘ